【画面が広い】LGウルトラワイドモニター34WL750-Bの購入レビュー

ウルトラワイドディスプレイ レビュー 34WL750-B おすすめ商品
考える人
考える人

大きなディスプレイで作業したい

デュアルディスプレイの導入を検討している。

ウルトラワイドディスプレイがどんなものか知りたい。

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

 

きたまる
きたまる

私も同じような悩みを持っており、ウルトラワイドディスプレイを導入したことが思っていた以上に良かったので紹介します。

 

Youtuberのデスクツアーで見かける大きなモニターに憧れて購入しました!!

 

購入したディスプレイは「34WL750-B」です。

ウルトラワイドディスプレイの中でも格安の商品になっています。

 

読んだらわかること

・ワイドディスプレイ「34WL750-B」のスペックがわかる
・ウルトラワイドディスプレイのメリット、デメリットがわかる
・ウルトラワイドディスプレイをおすすめできる人

では、これから紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

LGウルトラワイドディスプレイ「34WL750-B」のスペック

「34WL750-B」 外観の紹介

Amazonで購入しましたが、届いたときにまず驚きます。

こちらの箱で届きました。フルキーボードが小さく見えますね。

ウルトラワイドディスプレイ レビュー 34WL750-B

・設置したモニターがこちら

ウルトラワイドディスプレイ レビュー 34WL750-B

・斜めから見た画像

ウルトラワイドディスプレイ レビュー 34WL750-B

・付属部品がこちらウルトラワイドディスプレイ レビュー 34WL750-B

 

・接続端子は以下の通りウルトラワイドディスプレイ レビュー 34WL750-B

 

<注意点>
・USB Type-Cで電源供給兼ディスプレイ出力できない。
・ディスプレイに音声出力機能がないので外部スピーカーが必要

スペック 詳細情報

34WL750-Bのスペックについて簡単に紹介します。

下表にまとめております。

メーカー ‎LG
製品サイズ ‎25 x 83 x 42.9 cm; 8.4 Kg
商品モデル番号 ‎34WL750-B
カラー ‎Black
商品の寸法 幅 × 高さ ‎25 x 83 x 42.9 cm
ディスプレイサイズ ‎34 インチ
解像度 ‎3440×1440(UWQHD)
HDMIポート数 ‎2
商品の重量 ‎8.4 kg
価格 6万円以内

本商品は、Amazon限定の商品となっており

他のワイドディスプレイよりも価格が抑えられています。

 

スポンサーリンク

ウルトラワイドディスプレイを導入したときのメリット

とにかく画面が広い

まず購入前からわかることですが、画面が広いです。

画面が広い=作業スペースが大きい

 

狭い机よりも広い机で作業した方が、作業しやすいですよね。

そのため、何の作業をするにも効率アップだと考えます。

 

例えばエクセルに関しては、こんなにも広い!

広すぎて、スクショしても入りきれません。

エクセルの標準幅で以下の行列を表示することが可能です。

・行:1~45
・列:A~AU

端から端まで見通すことができるので仕事もサクサクと進めることができます。

 

デュアルディスプレイ(2枚等)の場合、画面の区切りがありますが、

ワイドディスプレイは、区切りがなく1枚ものであるため、邪魔するものがありません。

(真ん中のフレームに邪魔されずに作業可能です。)

 

画面分割が使いやすい

LGのワイドディスプレイは、OnScreen Control機能があります。

OnScreen Control

<OnScreen Control>
ソフトウェアごとの自動的なピクチャーモードの適用、ScreenSplit(画面分割機能)に加え、ゲーム機能設定やモニター設定など、より快適に画面を活用できます。

Amazon公式より

OnScreen ControlのソフトをPCにダウンロードすることで使用できます。

分割アプリのインストールはこちらから

 

一般的な画面の場合、左右での分割になりますが(Windowsキー + 矢印)

画面が大きいので3分割、4分割することが可能です。

 

私の場合は、以下の分割をしています。

ウルトラワイドディスプレイ レビュー 34WL750-B

エクセル、ワード、ネット記事など3画面を表示できるのは、ウルトラワイドディスプレイでしか味わえないことだと思います。

 

2つの参考資料を身ながら、エクセルで資料作成なども簡単にできますね。

画面が2つあるのと変わりません。

ウルトラワイドディスプレイ レビュー 34WL750-B

 

きたまる
きたまる

一般的なモニターでは、できないことがウルトラワイドディスプレイで実現可能です。

 

迫力ある映画鑑賞ができる

仕事だけでなく私生活にも大活躍です。

映画をこのディスプレイで見ると以下のイメージです。

ウルトラワイドディスプレイ レビュー 34WL750-B

<◎良い点>
・画面が広いので迫力のある
・自宅でプチ映画館が楽しめる
・AmazonPrimeやNetflixを良く見る人には、おすすめ

 

曲面ディスプレイにするとさらに没入感が得られて良いとのレビューがありました。

曲面にすると価格が跳ね上がるので今回は断念、、、

平面、曲面ディスプレイどう選ぶかも、記事の後半に記載しております。

 

スポンサーリンク

ウルトラワイドディスプレイを導入したときのデメリット

机が狭いと置くことができない。

画面が大きいので机が狭いと置くことができません。

 

ちなみに私の机は、120(横)×60(奥行)で以下のイメージです。

この大きさの机でピッタリです。

ウルトラワイドディスプレイ レビュー 34WL750-B

120(横)×60(奥行)程度以下の机となると

机が窮屈になりせまく感じる可能性があるので購入前に自分の机の大きさを把握しておきましょう。

 

スポンサーリンク

平面、曲面ディスプレイは、どちらにするべきか。

ウルトラワイドディスプレイの検討をするとき、悩むのが

「平面」or「曲面」のディスプレイどちらにするかです。

実際、どんな以下の図で比較しました。

平面
  • 一般的なモニターより画面広い
  • 画像、写真編集に有利
  • 曲面と比べ価格が安い
曲面
  • ゲーム、映画への没入感を得る
  • 画面の端まで見やすい
  • 線が曲がって見える
  • 画面酔いする
  • 価格が割高

価格やどんなことに使用するかにより、使い分ければいいと思います。

 

私の場合、メインの用途が
仕事で使用。主にCADや資料作成
また私生活ではブログの執筆、Youtube、AmazonPrimeの視聴

 

曲面ディスプレイにして仕事に影響でるのは、、と思い平面ディスプレイにしました。

価格も平面の方が2万円ほど安かったことも購入の決め手です。

 

スポンサーリンク

「34WL750-B」ウルトラワイドディスプレイを おすすめできる人

ウルトラワイドディスプレイの導入費用を最小限抑えたい。

しかし、質が良いものを使用したい。

こんな人におすすめのディスプレイです。

 

また、

・日常的にパソコン作業の時間が長い人
・ブログ、動画編集、仕事用のディスプレイを使用したい人

こんな人におすすめの商品になります。

 

スポンサーリンク

LGウルトラワイドモニター「34WL750-B」レビュー まとめ

本記事では、ウルトラワイドモニター「34WL750-B」について紹介しました。

最後にウルトラワイドディスプレイのメリット、デメリットをまとめました。

 

メリット
  • とにかく画面が広い
  • 画面分割が使いやすい
  • 迫力ある映画鑑賞ができる
デメリット
  • 机が狭いと置くことができない

置くスペース際あれば、デメリットにはならないと考えます。

 

ちなみに現在使用している、キーボードとマウスはこちら

 

この記事がディスプレイを選ぶ参考になればと思います。

 

以上、おわりっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました